読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Chasin' the Sound 5th

Sax/Fl Player, Sound Designer 栗原晋太郎のOfficial Blog

Moment notice 10/31(月)は銀座でライブ

f:id:saxman220:20161014145515j:plain
10/31(月)は銀座Deepに集合です。
Duoでたっぷり演奏させていただきます。
ここThe Deepで出演の機会があると、演奏動画をBlogにアップするという一連の流れは恒例にしていこうと思っているんです。
今回はソプラノで演奏したこの曲です。

 


'16 10/31(月) Duo live@銀座 The Deep


ジャズ好きの皆さんにはお馴染みの曲、ジョン・コルトレーンのMoment notice。
名曲Giant stepsの3年前に作られ、実験的に3トニック(Giant stepsで完成した音楽理論)を使っているとも言われるこの曲です。
とても難曲なのですが、僕の中ではこの時期のコルトレーンの作品としてはとてもポップだなと感じます。
皆さん是非、ライブで聞きに来て下さい。
お待ちしています。

続きを読む

10/31(月) Duo Live@銀座The Deep

f:id:saxman220:20161012233637j:plain

7月以来のThe Deepでまたもやピアノの川久保さんとDuoでございます。
皆様何卒よろしくお願いします。

Jazzという音楽に僕が持っているイメージは、兎にも角にもインプロビゼーションです。
もう何だったらテーマもそこそこにひたすらインプロビゼーションしていたい(嘘)。
ボーカルの方が例えば歌詞を大事にしたりする様に、僕は今回の様なシュチュエーションなら、とにかくアドリブに重点を置きたいのです。

 “When you hear music, after it's over, it's gone in the air. You can never capture it again ” (音楽は終わったら消えてなくなってしまう。二度と捉まえる事はできない)

敬愛するエリック・ドルフィーの言葉です。(彼の命日が僕の誕生日であることは僕の数少ない自慢です。)

本来、インプロビゼーションを主体とした音楽は録音されるべきではないのかもしれません。
録音物は、彼の言葉をいとも簡単に否定してしまうからです。
でも録音されていて良かった~。
彼の、言葉にも似た音楽を、今こうして聴けるんですから!

僕はインプロビゼーションが好きです。そう純粋に言うことが出来ます。
なので、僕の音楽の真髄はライブでしか表現できないのかもしれません。

とか言いながら、今回もまたYoutubeに動画を公開しました。


'16 10/31(月) Duo live@銀座 The Deep


オリジナルの楽曲を用意することも出来ますが、それよりもデュオにおけるアドリブと言うものを自分自身楽しみたいのです。
デュオとは二人で行う演奏のことです。
ジャズにはインタープレイと言うものがあって、それはまさしく会話にも似た音のやり取りのことです。
会話の最小単位は二人です。大事な話をする時は大抵二人でしょ?
そうなんです二人という人数は深く潜れるのです。

ビル・エバンスというピアニストはこれを三人で革新的なレベルで行いました。
スコット・ラファロがいた頃の傑作が幾つか残っているので、三人での会話が聴けると思います。

とにかく。

来てくださったお客様には、必ずや何かをお伝えできると確信しております。

そして、ピアノの川久保典彦さんの話し。
僕とのセッションはもう大分回数を重ねました。
一言で言って、デカイ共演者です。
文字通りピアノの音もデカイですが、佇まいもデカイ。
僕が出した音に対する反応もデカイ。
世間には色々と小さい人が多いのは皆さんも認めることでしょう。
デカイって、それだけで魅力的です。
僕は彼のデカさに負けないようにしなくてはなりません。

さぁ、僕の演奏を今ここで聴いてください。
そして、生の音を聞きに来て下さい!

 

 

10/31(月)The Deep @銀座
栗原晋太郎(Sax)
川久保典彦(Piano)
The Deep - Jazz & Soul Bar 銀座

中央区銀座6-3-12数寄屋ビル4F
tel: 03-3571-9277
東京メトロ銀座駅徒歩3分、日比谷駅徒歩4分、JR有楽町駅徒歩4分

Music Charge: 2800
Table Charge: 500
※前日までの予約、女性グループ、学生TC無料
※ドリンクorフード2品以上オーダー制
Open: 19:00~
Live Time: 1st 19:30~、2nd 21:00~、3rd 22:30~(入替無し)

※緊急速報。10/8 19:00〜の自由が丘駅前のライブは中止になりました!

先ほど、情報が流れてきましたので、早速このブログの読者様にお知らせいたします。

先日お伝えしていた、自由が丘駅女神まつりの駅前ステージでのライブが中止になりました。
繰り返します、10/8(土) 19:00〜予定されていましたライブは中止が決定しました。

ご来場を予定してくださった皆様には、お詫び申し上げます。

もしも、この情報を知らなそうな来場予定のお知り合いがいらっしゃれば、拡散をお願いします。

リーダーの岩村さんからも、メッセージを受け取りましたのでそのままお伝えします。

 

--------------------------------------------------------------

中止のお知らせとお詫び

自由が丘女神祭り前夜祭(駅前ロータリー10月8日19時スタート)の演奏についてお知らせしてきましたが、企画が急遽中止になってしまいました。大変申し訳ありません。

以下にブッキング・エージェントからの中止要請を転記いたします。読まれるように、責任主体も分散しており、また「代替え」としての「次に繋がるラテンのイベント」の計画もあり、加えて、自ら呼びかけてみなさんに来てもらうようお知らせした以上、私自身にも責任の一端はございますので、大変失礼ですが会社名等の情報は控えさせていただきます。

この度は誠に申し訳ありません。情報拡散していただいて、お友達などに呼び掛けていただいた皆様には、どうか中止のお知らせとお詫びをお伝え願えれば幸いです。

「自由が丘でサルサを!」、必ずや次の機会に、バカみたいに盛り上げるつもりです。どうかご堪忍ください。

-----------------------------------------------------------------------
平成28年10月7日
アーティスト、関係者様各位
株式会社×××代表取締役〇〇〇

女神祭キャンセル事項についてこの度、皆様に於かれましては情報錯綜の中、ご迷惑をお掛け致しました事、大変申し訳なく心よりお詫び申し上げます。諸般の事情もございますが、自由が丘振興会の方々との話し合いの元、今回は出演が難しい状況になりました。当日の出演を心待ちにしていらっしゃいました方々、また当日に向けて練習を重ねて下さいました皆様には大変申し訳なくお詫び申し上げます。皆様方の素晴らしい実績を考慮しました上で、また、振興会の方々から頂きました「神様ばかり」と言うお言葉もあり、この度の中止を代替えと致しまして次に繋がるラテンのイベントの開催に向けて双方で進めさせて頂きたく存じ上げます。責任の所在に付きましては、私が皆様に誠心誠意、対応をさせて頂きます。この度は皆様に大変ご迷惑をお掛け致しました事、深くお詫び申し上げます。

--------------------------------------------------------------

 

きっと、次があると信じてまたこれからも精進いたします。今回は申し訳ありませんでした。

10/8 19:00~ 自由が丘女神まつり前夜祭

f:id:saxman220:20161005074439j:plain

10/8 自由が丘女神まつりに出演します。
ホームページには10/9,10となっていますが、とにかく僕たちは10/8の19:00頃の出演です。
バンドリーダー/ボーカリストの岩村 健二郎さんのバンドに、高校の時の先輩であり、オルケスタデラルスのトロンボーン/コーラスの相川 等先輩の紹介で参加することになりました。

正直言って、キューバの音楽を演奏することに慣れていません。
コンガ、ティンバレス、ドラム、ベース、ピアノ。
リズムセクションのすべてが、基本的に他の音楽と一線を画します。

とにかくグルービーで、心が踊ります。
なんというか、リハ中座っているのがもったいなくなるようなそんな感じでした。

ホーンセクションもすごい。
トランペットのハイノートがビシビシ決まります。
この編成でもリハではほとんどマイクを立てないそうです。
メンバーの方が言っていたのですが、キューバでは音響環境が整ったのはここ数年のことで以前は酷かったらしく、その影響で高い、デカイといったアレンジがデフォルトになったのだと。
う~ん、社会情勢がアレンジをも変化させるんだなぁ。
まさにソシアルミュージック。

メンバーの皆さんいわく、こんなにも全曲、濃い選曲はそんなに無いそうで、盛り上がることは間違いありません。

ホームページを辿って、間違いなんじゃないかと思う方もいらっしゃるかもしれませんが、とにかく日時は10/8、19:00~自由が丘駅前です。もちろん無料です。
皆さん是非ご来場下さい!

怒涛のリハーサルはこちら↓

9/22 (祝)BOAT HOUSE -Yokohama Cruise-

9/22(祝)は横浜でクルージング・ライブです。
前回同じ場所でやったときは、次の日が台風というコンディションでした。
空の様子がいつもと違う。雲間から差す光は神々しくさえあった。
しかし当日雨は降らず、異様な興奮状態のままライブが決行されました。

f:id:saxman220:20160918071828j:plain

今年も何かが起こる予感。
現段階では列島を覆い尽くすほどの予報円。誰も台風の行き先はわかりません。
予想外の何かがきっと起こる。様な気がする…

 

f:id:saxman220:20160918071830j:plain

9/22 (祝)BOAT HOUSE -Yokohama Cruise-
18:00 ~ 20:30
 会場:ROSE号
18:00 大桟橋ふ頭ビル前発着所から出航。
17:30から乗船受付をスタート。
限定予約制(※予約方法は下記参照)

極上のロケーションでHouse Musicを体感するボートパーティー ”BOAT HOUSE”。
満員のフロアとともに大盛況だったJicoo The Floating Barでの初開催に引き続き、横浜でのクルーズパーティーが開催決定!!

横浜・みなとみらいのロマンティックな夜景をバックに、月明かりと潮風をデッキで感じながらの至福のナイトクルージング。

Gourmand Music Recordingsを主宰するシカゴ在住フランス人DJ/プロデューサーJR From Dallasが出演決定! King Street Sounds(NY), Hed Kandi(UK)など世界の名門レーベルから数多くのSoulful House作品をリリースしワールドワイドに選曲活動を続けるNamyがJABBERLOOPのDAISUKE (sax)とコラボレーション!

そしてゲストLIVEには8月のJICOOに続いてJoiが出演決定!国内外での作品リリースやJoe Claussellとのコラボレーションでも知られる彼の魅惑のファルセットヴォイスとオーガニックなバンド・サウンドでフロアを美しく包み込みます。

極上のHouse Musicを海の上で♫

-2F Deck-

DJ :
JR from Dallas (from France)
Namy feat. Daisuke (sax / Jabberloop)
Akihiro Hama

LIVE :
Joi
Joi (vocal) / Winter Spencer (percussions) / Shintaro Kurihara (sax) / Tadashi Tsukada (guitar)  / ATSUKO (dj)

f:id:saxman220:20160918071829j:plain


-1F Lounge-
DJ :
Dr.DJ ATSUKO (COQDO RECORDS)
MAETA
Cray² a.k.a House☆Monkey
namAco
141

Fee :
前売: 4,500 yen
当日:  5,000 yen

チケット購入方法は2パターンあります。
1.各出演者が直接ご予約を承ります。
このBlogのコメント、メールフォームからでもOK。
当日受付にてお名前を言って頂いてチケット購入。
前売り料金でご乗船頂けます。
*代表者名&トータル人数をお知らせ下さい。
*メールの件名は「9/22予約」として下さい。
Facebookユーザーの方はFBメッセージを送って頂いてもOKです。

2.スマホ・PCによるオンライン購入
DMM.Eでのオンライン手続きになります。

event.dmm.com*チケット受け取りにはスマホアプリのインストールが必須となります。

Access :  
横浜・大桟橋ふ頭ビル前発着所
神奈川県横浜市中区海岸通り1-1大桟橋ふ頭ビル1F

【 Attention 】
※17:30から乗船受付をスタートして18:00出航です。
※雨天決行です(雨天時は船の1F Loungeにて開催)。ご予約のキャンセルは致しかねます。
※船内1Fにて有料クローク・サービス(300yen)がございます。
※飲食物のお持ち込みはお断りしております。
※ご参加による予期せぬ事故・不利益等への責任は負いかねます。
※周辺の駐車場は混雑が予想されます。会場へは公共の交通機関のご利用をおすすめします。
※台風などの荒天時はイベントを中止する場合がございます。

主催:Spirit Soul (PLAY TODAY Inc.)

感動ポルノ

f:id:saxman220:20160904015846j:plain

最近なんだか涙もろくなってきました。
リオオリンピックの日本選手は逆転での勝利が多かった。
そんな時は前後の文脈など関係なく鳥肌とともに涙が出ます。
その選手の努力をおもんばかったりして、ストーリーを補完しちゃう。

その反面、主人公がはじめから重い病気にかかっているとか、子供、動物の可哀想な話とかそういうのには白けた気持ちになってしまうようにもなりました。
そういうお手軽お涙ちょうだい話が多すぎて、食傷気味なんです。

毎年お馴染みの24時間テレビの裏で、天下の国営放送がスゴイ番組やってました。
タイトルは、バラバラ 検証!「障害者×感動」の方程式。

www.j-cast.com

この番組の中で紹介された言葉、感動ポルノ。
TEDで障害を持つスピーカーが、初めてこの言葉を使いました。
障害者への配慮によって、感動的な何かと結びつけるのではなく、健常者が自分より悪い状況の人は沢山いると安心する為の感動なのではないか。
そう述べています。

www.ted.com

悪天候の富士登山を下半身麻痺の少年にやらせる必要はないし、パーフェクトヒューマン等というこの場面では皮肉とも取れるタイトルの曲をダウン症の子供に踊らせる必要もない。

24時間テレビの一番の問題は、制作費が寄付よりも多いということ。
ということは利益は制作費よりも多いんでしょう。
チャリティーだからスポンサーは集まりやすいしね。
出演している芸能人には多額のギャラが支払われ、一部の芸能事務所が総合司会の大役をいつも独占している。

あ~スッキリしない。

障害者の90%は「感動ドキュメンタリー」が嫌いなんだというデータもあるそうです。

ただ、どんなに儲かっている人が裏にいたとしても、24時間テレビの募金が億単位になっているという事実はまぁあるわけです。
そうなると必要悪であると言えなくもない。

僕は見ていられない気持ちになるので見ません。
でも今回はレイパーの代役の顛末が見たくてスペシャルドラマだけ見ちゃった。
下世話だなぁ。

美談じゃない、絶対。

f:id:saxman220:20160818163457j:plain

少し前、那須高原家族旅行に行きました。
悪天候に見舞われ、その日は室内で楽しめることをしようという話になりました。
候補に挙がった一つが、テディーベア・ミュージアム
よくわからないのですが、とにかく大量のテディーベアが展示してある場所でした。
特に少女趣味もなく、これまでの人生でテディーベアに着目したことなどなかったので、まぁ新鮮ではありました。

しかし、展示の冒頭にあるテディーベアの由来を読んで愕然としました。

テディーベアとは第26代アメリカ大統領、セオドア・ルーズベルトの愛称、テディーから名づけられた名前で、とある美談的なものから生まれたのだそうです。
ある日ルーズベルトが趣味である狩猟に出掛けたが、獲物を仕留められなかった。
同行した他のハンターが追い込み、捕獲して木につないだ熊を撃って獲物にしてはと大統領に差し出したのを「スポーツマン精神に反する」と拒否し逃がしてやった。
これがワシントンポスト紙の記事となって評判になったというのです。

欧米にはスポーツハンティングという文化?があって、野生動物を殺すことを楽しみます。
現共和党大統領候補ドナルド・トランプ氏の息子たちもハンティングを趣味にしており、罪もない野生動物を殺しまくっていますね。

www.dailyrecord.co.uk

この理不尽な殺戮に怒った有志の人がこんな動画を制作しました。

buzzmag.jp

人間以外の動物が殺生するのは、生きていくという崇高な目的のためだけです。
遊びでそんなことをするのはホントに人間だけでしょう。

natgeo.nikkeibp.co.jp

とにかくこのミュージアムの冒頭でこのエピソードを知ってから、かわいいはずのテディーベアが気持ち悪いものに思えて仕方なかった。

絶滅危惧種の多くはその原因が人間による密漁やこの狩猟文化が原因だったりします。
サイの角には薬としての効果は科学的に存在しません。
でも一部の人間は効果があると信じ込み、角を目当てにサイを殺しまくる。
どうしたらいいのさ。
物言わぬサイはただ黙って殺される。