読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Chasin' the Sound 5th

Sax/Fl Player, Sound Designer 栗原晋太郎のOfficial Blog

美談じゃない、絶対。

Life 雑感

f:id:saxman220:20160818163457j:plain

少し前、那須高原家族旅行に行きました。
悪天候に見舞われ、その日は室内で楽しめることをしようという話になりました。
候補に挙がった一つが、テディーベア・ミュージアム
よくわからないのですが、とにかく大量のテディーベアが展示してある場所でした。
特に少女趣味もなく、これまでの人生でテディーベアに着目したことなどなかったので、まぁ新鮮ではありました。

しかし、展示の冒頭にあるテディーベアの由来を読んで愕然としました。

テディーベアとは第26代アメリカ大統領、セオドア・ルーズベルトの愛称、テディーから名づけられた名前で、とある美談的なものから生まれたのだそうです。
ある日ルーズベルトが趣味である狩猟に出掛けたが、獲物を仕留められなかった。
同行した他のハンターが追い込み、捕獲して木につないだ熊を撃って獲物にしてはと大統領に差し出したのを「スポーツマン精神に反する」と拒否し逃がしてやった。
これがワシントンポスト紙の記事となって評判になったというのです。

欧米にはスポーツハンティングという文化?があって、野生動物を殺すことを楽しみます。
現共和党大統領候補ドナルド・トランプ氏の息子たちもハンティングを趣味にしており、罪もない野生動物を殺しまくっていますね。

www.dailyrecord.co.uk

この理不尽な殺戮に怒った有志の人がこんな動画を制作しました。

buzzmag.jp

人間以外の動物が殺生するのは、生きていくという崇高な目的のためだけです。
遊びでそんなことをするのはホントに人間だけでしょう。

natgeo.nikkeibp.co.jp

とにかくこのミュージアムの冒頭でこのエピソードを知ってから、かわいいはずのテディーベアが気持ち悪いものに思えて仕方なかった。

絶滅危惧種の多くはその原因が人間による密漁やこの狩猟文化が原因だったりします。
サイの角には薬としての効果は科学的に存在しません。
でも一部の人間は効果があると信じ込み、角を目当てにサイを殺しまくる。
どうしたらいいのさ。
物言わぬサイはただ黙って殺される。

8/11 BOAT HOUSE @Jicoo the floating bar

告知

f:id:saxman220:20160809055716j:plain


熱い日が続いておりますが、皆さんいかがお過ごしてでしょうか?
そんな中、とっても涼しいイベントの紹介です。
東京湾を周回するJicoo the floating barという船をご存知でしょうか?

f:id:saxman220:20160809055715j:plain

こんな内装の船で、様々なパーティーが日夜展開されています。
今回のイベントBOAT HOUSEもそんなパーティーのひとつで、僕はJoiさんのBandで出演いたします。

かなり久しぶりでのJoiさんとのライブですが、リハーサルもかなり濃い時間となりました。
Joiさんの曲作りに妥協はありません。
演者の僕らも彼が何を求めているのかを必死に汲み取ろうとします。
なので、曲の概要がつかめたらスタジオを最低限の明るさにしてひたすら集中。
おぼろげに答えが見えて来たような気がしたところで時間。
あとは本番のテンションと聴いてくれるお客様とともに、現場で音を完成させます。
なので、Joiさんのライブはとてもオーディエンスとの一体感があるのです。

f:id:saxman220:20160809055714j:plain

なにしろ、船内は涼しくて、パーティーは楽しくて、ライブは熱くお届けします。
お時間ありましたら是非お越しください。
※ライブは21:00台にお届けします。

 

続きを読む

生命を授かりました。

Life

f:id:saxman220:20160726192133j:plain

2016年7月25日。
また一つ新しい命を授かりました。
子供の誕生はいつだってそうなんですが、今回の次男も本当に奇跡的でした。
その奇跡に感謝し、無限の可能性を秘めたこの子と一緒にまた自分も成長できたら嬉しいと思います。

この子のおかげで、我が家の断捨離がかなり進みました。
エアコンをウン年ぶりにプロに清掃してもらい、次々と床からモノが撤去され、ロボット掃除機を導入しても意味がありそうな部屋になってきました。

多分全く違った生活が始まるんだと思います。
これは多分、引っ越しをするよりも大きな変化だろうと思います。

5年前の子育ての知識はとうに忘れてしまったので、また一からやり直しです。
オムツ替えに沐浴が目下の重大事ですが、今後ママがいない時の寝かしつけなんかも課題です。
しかし、長男の時がそうだったようにそういう月日はあっという間に過ぎていきます。

そして時間の使い方、考え方にも断捨離が生じ、否が応でも変化していくんだと思います。
ぼくはそのすべてを楽しみたいと思います。

このBlogをご覧の皆さま、新しく生まれたこの子をどうぞ宜しくお願いします。

f:id:saxman220:20160731221412j:plain

※写真は長男が書いた4人家族です。

夏なのに、Autumn Leaves

告知 音楽

f:id:saxman220:20160707072840j:plain

予定日を過ぎても出てこない次男を待ちきれず、Blog更新です。
前回、演奏動画を行ったのは、僕の生徒さんへのレッスンにおいてせっかく完成した曲を誰かに聞いてもらおうと始めたのがキッカケです。
僕のiPhoneでマイナスワンを流し、彼らに演奏してもらい、それを彼ら自身のスマホで撮影するというわけです。
そして次回までの課題として、誰かに見せて感想をもらってくる。
自分自身への振り返りとしてもとても有効で、演奏にいい緊張感が生まれます。

そこで自分でもやってみたというのが真相です。
もちろん日々の練習の反省材料としても勉強になります。
せっかく撮ったのだから誰かに聴いて欲しいし、これがライブのプロモーションになるなら一石二鳥かなって感じですね。
というわけで、演奏動画を公開します。
今回の曲は、ド定番の「Autumn Leaves」でございます。
ではどうぞ。


7/27(wed) Live at the Deep 銀座 ~Autumn Leaves~


とりあえず、気分でソロから入っています。
銀座のThe DeepはJazzやSoulを聞かせるお店。
亜矢子ママも気が向くと歌ってくれます。
是非是非、ご予約ください!

7/27(水)The Deep @銀座
栗原晋太郎(Sax)
川久保典彦(Piano)
The Deep Jazz&Soul bar@銀座
http://jazz-thedeep.com/
中央区銀座6-3-12数寄屋ビル4F
tel: 03-3571-9277
東京メトロ銀座駅徒歩3分、日比谷駅徒歩4分、JR有楽町駅徒歩4分
Music Charge: 2800
Table Charge: 500
※前日までの予約、女性グループ、学生TC無料
※ドリンクorフード2品以上オーダー制
Open: 19:00~
Live Time: 1st 19:30~、2nd 21:00~、3rd 22:30~(入替無し)

7/27 Duo Live @The Deep Ginza

告知 音楽

f:id:saxman220:20160707072840j:plain

7/27の水曜日は、銀座のJazz bar The DeepにてDuo Liveです。
今回は、そのプロモーション用に自宅スタジオでの動画撮影を行いました。

以前、あるプロデューサーさんが、自分は言葉でのアピールは聞かない、基本的に音にしか注目しないと言ってたことがありました。
ミュージシャンの名刺はやはり、音でしか無いのだということです。
しかしながら、多様性はあるのでこれは僕のある一面でしかないとだけは言っておきます。

というわけで、現在の僕というプレーヤーが、このThe Deepというお店でどんな演奏をするのか知らない人も多いと思いますので、是非ご覧いただけたらと思います。
ではどうぞ。


7/27(wed) Shintaro Kurihara Duo Live @The Deep Ginza



無伴奏でサクッと撮ってみました。
このBlogでは初めてのお披露目です。(ちょっと前に試験的に小ネタ動画はやりましたけど…)
曲はディズニークラッシック、Someday my prince will come。
当日はこのThe Deepで出会って数回の共演を経ている川久保典彦さん(Piano)とのDuoでございます。
とてもドラマチックに盛り上げてくれるピアニストですので、本当に自分でも楽しみです。

梅雨も明けているであろう7/27。
涼しい選曲で皆さんをお待ちしております。

7/27(水)The Deep @銀座
栗原晋太郎(Sax)
川久保典彦(Piano)
http://jazz-thedeep.com/

中央区銀座6-3-12数寄屋ビル4F
東京メトロ銀座駅徒歩3分、日比谷駅徒歩4分、JR有楽町駅徒歩4分
tel: 03-3571-9277

Music Charge: 2800
Table Charge: 500
※前日までの予約、女性グループ、学生TC無料
※ドリンクorフード2品以上オーダー制

Open: 19:00~
Live Time: 1st 19:30~、2nd 21:00~、3rd 22:30~(入替無し)

オルタネイト・テイク

Life 雑感 音楽

f:id:saxman220:20160623154950j:plain

僕の友人の中には、大変なプリンスファンが何人もいます。
昔のバンド仲間には、愛称がプリンスだった者もいました。
先日、日本でも大きく取り上げられた彼の死には、少なからず影響を受けたことでしょう。

今年はとにかく大物が亡くなっていきます。
世界中で幾千の涙がこぼれたことでしょう。
どんな人にも等しく死は訪れる。

プリンスは、一説によれば、自宅のスタジオで仕事をしながら亡くなっていったといいます。
単純にそうであれば、幸せな最期だったかもしれません。
ずっとずっと、音楽を休みなく作っている人だったから…。
彼は多作家で、気分さえ乗ってくれば何十時間でも連続で作業すると言われていました。

本当の意味で天才だったんでしょう。
イデアが絶え間なく出てきたんでしょうね。

そして毎年のようにアルバムとして発表してきました。
彼の死後、3,000曲ものストックがあるという噂まで出始め、むこう数十年は彼の新譜を聴くことが出来るとまで言われているようです。

でもね、

未発表には理由があるんですよ。
僕の好きなミュージシャンの多くは、ぼくが知った時点で多くが他界しており、当初、新譜というものはありえないと思っていました。
でも人気があればあるほど発掘発見された録音物が、新譜やオルタネイト・テイクとして発表されるんです。

でもね、ほとんどの場合オリジナルテイクよりも素晴らしいということはないんです。
歴史的な資料という意味ではもちろん価値もありますが、音楽家は意味あってオリジナルテイクを残しているのだとしたら、死後に発掘してしまうのは少し悲しい様な、違う様な気がします。

でも聴きたいけど。

きちんとアルバムという形で残されたものこそが当の本人の意思であることは確かです。

今まで一番いらなかったオルタネイトテイクは、コルトレーンの「至上の愛」でしたね。
あそこまでスピリチュアルを極めた作品では、無理やり発掘する事は冒涜であるとも思えますね。

違いの分からない男

音楽

f:id:saxman220:20160511145539j:plain

サックスのマウスピースの話。
ぼくは最近、長年の相棒であるOttolink Metal NY 8☆を置きました。
そして、Drakeというアメリカのマウスピース職人に手によるマウスピースに変更し、喜々として使用しております。
ものすごく気に入ってるからそれ自体には何の問題もないんです。
でもね、自分から言わないとだれも気付いてはくれないんです。
「弘法筆を選ばずだね」とか言って違いを認識できなかった責任を無かった事にする人が大量発生します。(笑)

自分としては、メタルからの大転換ですよ、一世一代の。
しかもこれまでで最大のティップオープニング。(マウスピースとリード、互いの先端の距離。これが違うと吹き味は相当変わります。ちなみに今のには9Lと書いてあります。)
でもね、つぎの動画を見て理解したんです。
さぁ、聴いて下さい。

www.youtube.com

あっ、これはどういうことだ?
演奏者である自分にも、マウスピースを変えたことによる音の違いが分からない…。
多分、この動画の意図としては、マウスピース選びの参考にして下さい的なことなんでしょう。

大量生産品は、人気があっても製品ごとのばらつきは避けられません。
厳密な選定を(またはリフェイスと呼ばれる微調整を)必要とします。
なので、僕の使っているDrake(ドレイク)のような、職人の手仕事によるマウスピースが珍重されるのです。
個体差はほぼありませんからね。

でもね、

この動画の演奏者くらいのレベルになると、どんなマウスピースでも同じ音が出てきているわけですよ、実際。
違いなんてハッキリとは認識できない。

ものすごく以前になりますが、新大久保のとあるお店の試奏室で、かの有名な渡◯貞夫さんが演奏されているところに遭遇しました。
そしてお店の人の話で、これまた有名な伊◯たけしさんというサックスプレイヤーと、いま演奏されている方が同じ場所に居合わせたことがあるというエピソードを聴きました。
そして、互いのマウスピースを交換して演奏されたんですって。(ものすごく昔の話ですよ、念のため。)
驚くほどスタイルの違う二人で、使用していたマウスピースも真逆な傾向を持っている物でした、が!
出てきた音は、本人それぞれの音だったそうです。
客観的には違いは感じられなかったといいます。

話戻って、動画の彼を擁護するつもりではありませんが、吹き手本人にだけは、ものすごく明確な違いが存在していることは間違いありません。
この動画を作ろうと思ったのだって、明確な違いを感じたからでしょう。
その意味で、一般公開されたこの動画の存在意義は殆ど無いと言っていいでしょうね。
笑っちゃうくらいに違いがありませんから。
いいから、この中で一番安いの使っとけよ。
いい音だよ、君は、間違いなく。

この動画の演奏者には何の面識もありませんが、僕もこの記事を書かせてもらったので自分の音の違いを聴いてもらおうと思います。
はいどうぞ。

www.youtube.com

違いが分かりましたか?
もし分からなくても僕になにか言わないでくださいね。
気持ちよく演奏できる事が大事なんですから。

プレイヤーそれぞれが持っている音は、サックスに関しては唯一無二です。
マウスピースごときを変えたくらいでは変化も起こらないんでしょう。
客観的には。
あくまで、客観ですよ。それは…。