読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Chasin' the Sound 5th

Sax/Fl Player, Sound Designer 栗原晋太郎のOfficial Blog

違いの分からない男

f:id:saxman220:20160511145539j:plain

サックスのマウスピースの話。
ぼくは最近、長年の相棒であるOttolink Metal NY 8☆を置きました。
そして、Drakeというアメリカのマウスピース職人に手によるマウスピースに変更し、喜々として使用しております。
ものすごく気に入ってるからそれ自体には何の問題もないんです。
でもね、自分から言わないとだれも気付いてはくれないんです。
「弘法筆を選ばずだね」とか言って違いを認識できなかった責任を無かった事にする人が大量発生します。(笑)

自分としては、メタルからの大転換ですよ、一世一代の。
しかもこれまでで最大のティップオープニング。(マウスピースとリード、互いの先端の距離。これが違うと吹き味は相当変わります。ちなみに今のには9Lと書いてあります。)
でもね、つぎの動画を見て理解したんです。
さぁ、聴いて下さい。

www.youtube.com

あっ、これはどういうことだ?
演奏者である自分にも、マウスピースを変えたことによる音の違いが分からない…。
多分、この動画の意図としては、マウスピース選びの参考にして下さい的なことなんでしょう。

大量生産品は、人気があっても製品ごとのばらつきは避けられません。
厳密な選定を(またはリフェイスと呼ばれる微調整を)必要とします。
なので、僕の使っているDrake(ドレイク)のような、職人の手仕事によるマウスピースが珍重されるのです。
個体差はほぼありませんからね。

でもね、

この動画の演奏者くらいのレベルになると、どんなマウスピースでも同じ音が出てきているわけですよ、実際。
違いなんてハッキリとは認識できない。

ものすごく以前になりますが、新大久保のとあるお店の試奏室で、かの有名な渡◯貞夫さんが演奏されているところに遭遇しました。
そしてお店の人の話で、これまた有名な伊◯たけしさんというサックスプレイヤーと、いま演奏されている方が同じ場所に居合わせたことがあるというエピソードを聴きました。
そして、互いのマウスピースを交換して演奏されたんですって。(ものすごく昔の話ですよ、念のため。)
驚くほどスタイルの違う二人で、使用していたマウスピースも真逆な傾向を持っている物でした、が!
出てきた音は、本人それぞれの音だったそうです。
客観的には違いは感じられなかったといいます。

話戻って、動画の彼を擁護するつもりではありませんが、吹き手本人にだけは、ものすごく明確な違いが存在していることは間違いありません。
この動画を作ろうと思ったのだって、明確な違いを感じたからでしょう。
その意味で、一般公開されたこの動画の存在意義は殆ど無いと言っていいでしょうね。
笑っちゃうくらいに違いがありませんから。
いいから、この中で一番安いの使っとけよ。
いい音だよ、君は、間違いなく。

この動画の演奏者には何の面識もありませんが、僕もこの記事を書かせてもらったので自分の音の違いを聴いてもらおうと思います。
はいどうぞ。

www.youtube.com

違いが分かりましたか?
もし分からなくても僕になにか言わないでくださいね。
気持ちよく演奏できる事が大事なんですから。

プレイヤーそれぞれが持っている音は、サックスに関しては唯一無二です。
マウスピースごときを変えたくらいでは変化も起こらないんでしょう。
客観的には。
あくまで、客観ですよ。それは…。